【実話】出逢ったのはフィリピーナ。別れたのもフィリピーナ。

1994年フィリピーナとの出来事を当時の記憶のまま、お伝えして行きます。

今だから話せる事。忘れては行けない事。その教訓が現代に至る事。

14*フィリピーナとの同棲生活

【マイとの生活】

フィリピンパブに通い、惚れてしまったフィリピーナと同棲に至るようになったのは、タイミングやら運やらが影響していたと思う。

まずは素直な幸福感を感じているだけ。それだけで日々の生活が満たされていた。

 

マイは仕事はしていなかったが、フィリピンの家族への仕送りもあるので早く働きたいと言っていた。

前の店<シンフォニック>は色々あった事から戻る気はないらしい。

私もその選択だけは避けて欲しかった。

シンフォニックにはマイを探している男、スドーが関係している。マイが戻ればその情報はヤツに届く筈なので、マイが私と同棲している事は極秘にしていた。

と言うより、私が自らシンフォニックに行く事はなく、シンフォニックからも誘いの連絡は一切来なくなっていたので、もう接点はない。

 

しかし、近所にある事から完全秘密は不可能に近いだろう。

それこそ、マイを一歩も自宅から外に出さないようにするのは、軟禁行為であるしマイも望んではいない。

 

【仕事を探す】

同棲生活がこんなにも資金が必要だと想像もしていなかった。

フィリピンへの仕送りは私には無理な事を伝えていたし、マイも決して要求はして来ない。しかし、それ以外の食事やらその他の出費は積りパンク寸前だった。

 

一番慣れているフィリピンパブとかの夜の仕事は自分の彼女として、あまりして欲しくなかった事もあり、飲食店の皿洗いの仕事等を探し、まずは私が電話をして説明しマイを連れて面接へと段取りしていたが、電話の段階で100%門前払いとなっていた。

それもその筈、見ず知らずの男からフィリピーナを働かしてほしい、と言う突然の要求に素直にOKするなんて、一般的な仕事場ではあり得ない。

 

「あなた様の奥様でしょうか?」

「いや、現在はそういう訳ではないので…もしかして将来的には…」

「う~ん。そうですか…ご本人さんと直接お話しいたいのですが…」

「分かりました、今代わります」

 

「あ、もしもし、初めましてマイです。よろしくお願いします。…え?、はい、はい。…え?、はい、え?え?」

と、なり結局私が話す事に。

「ちょっと日本語の理解力が…今回はお見送りさせて下さい」

言葉の問題以上に、未婚のフィリピーナと言う事で、日本に責任追う存在が居ない事が問題だったのかも知れません。

 

【シンフォニックから連絡】

それは、久しぶりにミサからの連絡でした。

受話器を持ってミサと分かった時、マイへ喋らないで静かにして欲しいゼスチャーをしました。

 

「たまには、おいでよ~。暇なんでしょ?」

「暇じゃないよ。俺だってそれなりに忙しい」

「ふぅ~ん。彼女いるでしょ?」

「別にいたっていいじゃん」

「マイでしょ?駅前で一緒に歩いてるのみたよ」

「…へ?いつ?マイじゃないよ~、マイなんてどこいるか知らないし」

 

この時もの凄く動揺しました。やはり近所だから、バレるのは時間の問題だと思っていたけど、意外と早くに…

 

「まあ、いいけど。アイツには気をつけなよ…、それと店(シンフォニック)は今週で閉める事になったよ」

「なんで?閉める?」

「…まあ色々あってね」

「そっか…ミサには相談に乗ってもらってたし明日にでも飲みいくよ」

「は~い。待ってるから」

 

電話を切った後に、過去にミサからの警告されていた事を思い出しました。

マイの事

ジャンキーとか、フィリピンに旦那がいるとか…

 

でも、その事を直接マイにぶつける勇気は無かったのです。

f:id:kinotatsuya:20170920020353j:plain 

(つづく)

kinotatsuya.hateblo.jp

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(フィリピン人)へ