【実話】出逢ったのはフィリピーナ。別れたのもフィリピーナ。

1994年フィリピーナとの出来事を当時の記憶のまま、お伝えして行きます。

今だから話せる事。忘れては行けない事。その教訓が現代に至る事。

12*マイからの電話

ローズ家の戦争

真夏で熱帯夜だったのを覚えています。

クーラーフル稼働で、ビール飲みながらテレビの深夜映画観るのが好きでした。

テレビの映画って、これしかやってないから仕方なく見るような感じで、自らその映画をみようなんて思わないものが殆どですが、たまに70年代や60年代の古臭い映画がやってたりすると、思わず見入っちゃう時もあり「あの映画騙されたと思ってみてみ」なんて、ネタ作りに最適でした。

 

確かその日は「ローズ家の戦争」 をやっていました。

この映画もレンタル店には人気作としてありましたが、夫婦間の話なんてあまり興味なくスルーしていた映画です。

f:id:kinotatsuya:20170819232959j:plain

出典:ローズ家の戦争 : 作品情報 - 映画.com

 

(※ネタバレしますよ)

映画での弁護士役『ダニー・デピート』が監督した作品で、ことある事にタバコに火を付ける弁護士につられて自分もタバコに火を付けては、ぼ~と観ていました。

主役『マイケル・ダグラス』と『キャスリーン・ターナー』が恋人から夫婦となり、離婚問題を抱えて行く内容です。

 

 

【電話】

ちょうどクライマックスくらいの時に電話が鳴ったのです。

時間も時間だし、割と大音量に設定していたのでビクっとしました。

ホラー映画じゃなく良かった。

 

「もしもし」

「…」

「あれっ、もしもし?誰?」

イタ電かよっ。

「…タツ。もしもしー」

「ん?だれ?」

「もしもしー、おぼえ てるー?」

「…え?え? マイ?うん、覚えてる」

 

「そうマイです、おぼえ てるー?」

 

電話ボックスからでやたらと声が小さいのですが、声の主は間違いなくマイでした。

イントネーションも「覚えてる?」ではなく「おぼえ ↑・てる ↓」のマイの口調です。

 

「たつ、何してるの?」

「オレ?映画みてる」

「あ~。なにの映画?」

ローズ家の戦争

「なに?」

ローズ家の戦争!」

「ローソク?」

「違う!マイケル・ダグラスとキャスリーンターナーが夫婦の…」

「あ~ん…あっ! ”The War of the Roses”」

「う~ん、…そうかな?…ローズ家の戦争…」

 

マイと会話するのは実に半年ぶりでした。

なのにお互い「久しぶり」も「元気?」も言わない。

私の見ている映画をマイが当てるだけ。

シンフォニック時と変わらない会話。

「おぼえ てるー?」「うん、覚えてる」でこの半年間が全て埋まったような、充実感がありました。

 

【マイの用件】

「マイは今何してる?どこにいるの?」

こんな時間にわざわざ電話して来るのには何か意味があるのだろう。

「あのね、あたしね今、長野から帰ってきて新宿にいるの。でもう電車ないのでしょ?」

「長野?新宿?」

 

ま~、なんとなく半年前から今までのマイの行動が繋がってきた。

「ねぇ、タツ、お金貸して。今からタクシーであなたの駅まで行くから、お金持って迎えにきてください」

言い方は表現力が乏しく強引だけれど、スドーに頼らず私に連絡をしてきた事が何よりも嬉しく、記憶から消え去ったマイの復活こそ至福でした。

とにかく、マイを迎えに行こう。

 

当然の事ながら、以前アキをシンフォニックまで迎えに行った時とは全くモチベーションが違います。

マイがタクシーで到着するまで駅で待つ事さえ苦じゃなかったのですから。

 

ローズ家の戦争 エンディング】

夫婦喧嘩がエスカレートし、何かのきっかけで天井の照明に二人がぶら下がってしまい、重みで照明もろとも二人は落下してしまいます。

息絶えながらも、旦那さんは奥さんの肩に手を掛けますが、奥さんはその手を振り払ってしまうのです。

旦那さんは死ぬまで奥さんを愛していたのでしょうが、奥さんはそれを受け入れずにデッドエンドで終わるのです。

 

何故か後味悪さが感じさせないくらい、見ごたえ十分な映画でした。

(つづく)

kinotatsuya.hateblo.jp

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(フィリピン人)へ